1. SITPACK Home>
  2. ABOUT SITPACK

ABOUT SITPACK


SITPACKについて

SITPACKができるまで

"スマートな休憩"を実現し、それを誰もが手の届くものにするためには、伸縮部分のメカニズムを研究し、何度もつくり直しをする必要がありました。実際、この製品をつくるためには、まったく新しい伸縮メカニズムを開発しなければならず、それは容易なことではありませんでした。

研究を進めると、折りたたみ式の製品にサイズの限界があるのは、固定部分の構造が原因しているとわかりました。この問題を解決するため、私たちは固定部分の構造をチューブの内部に収めることにしました。
このデザインをもとに、関連するカテゴリーでいくつもの特許を調べましたが、今まで実現されていません。
なぜなのかー
プラスチックの展示会で専門家に相談し、北欧中の工場に問い合わせた結果、このデザインは生産方法や使用する工具においてもかなり複雑なものであることが明らかになりました。

試行錯誤の末、この内部形状を変えずに済む素晴らしい成形技術に出会いました。Sitpackは、高品質で個々が複雑な内部構造を持った射出成型部品のみで構成されています。

生産には非常に精巧な成形型が必要だったため、DFM(製造性考慮設計)も大きな課題となりました。伸縮式の構造には、強度と安定性に重要な課題が伴います。Sitpackのように厳しい条件を要求する製品をポリマー素材のみで製造するには、収縮、反り、歪みが起きないよう、高度な計算と解析が必要でした。そのため私たちは、各分野で最も熟練した専門家とチームを組み、製造方法に合わせた複雑な内部デザインの最適化に取り組んできました。強度、安定性、使いやすいデザインを追求し、妥協したことはありません。このプロセスには、静力学、ポリマー素材の研究、そして成形技術に至るまで、多岐にわたるエンジニアリング能力が求められました。

そしてこの伸縮メカニズムでSitpackは国際パテントを取得しています。
PA201570325

強度、安定性、使いやすいデザインを追求 多岐にわたるエンジニアリング能力で伸縮メカニズムを実現

ついに登場…

Sitpackは、デンマークのデザイン会社が開発した、今世界中で話題になっているポケットサイズのコンパクト折りたたみ椅子です。
人間工学に基づいて緻密に設計され、世界最軽量を実現しました。コンパクトで持ち運びやすく、あらゆる場面で休憩を楽しめます。

開発の発端は、靭帯に慢性的な障害がある方や、長時間立っていることが困難な方たちをサポートするためでした。
ユーザーの中には、元海兵隊員、アスリート、足首・膝・腰などに問題を抱える方たちがいます。
もちろん、長時間立ったまま待つのが嫌いな方にも最適です。
コンパクトで持ち運びやすく、あらゆる場面で休憩を楽しむことができます。

Sitpackは、生産をローカルで続けたいと考えているため、造形、パッケージング、組み立てなど、すべてを小さな幸福の国、デンマーク王国で行っています。

ポケットサイズのコンパクト折りたたみ椅子

SITPACKのビジョン

私たちは、携帯用の椅子に対するコンセプトを再定義し、リラクゼーションと人との交流を両立するためのツールを開発しました。
Sitpackの明確なビジョンは、ただ見た目が良いだけでなく、使いやすく、常に持ち歩きたくなるような製品をつくること。
どこでも、いつでも、Sitpackを持って出かけよう。

持ち運ぶのが面倒なモノを人は持ち出そうとしない。
でもSitpackなら問題ありません。

Jonas LB –CEO

人との交流を両立するためのツールSitpack

利点

背中をまっすぐ、頭を高い位置に保つ…Sitpackに座ると自然と正しい姿勢になり、それによって得られる良い結果を形にしたものです。正しく座ることで血行は良くなり、集中力も高まります。腰の疲労を和らげ、筋肉やバランス感覚を刺激しながら、一日中元気でいられるようになります。

Sitpackは腰の疲労を和らげ、筋肉やバランス感覚を刺激しながら、一日中元気でいられます

休憩に革命を

椅子を携帯することとその利点について考えたのは、私たちが最初ではありません。折りたたみ式の椅子に関する世界初の特許は17世紀に出願されました。その頃から現在に至るまでにかなりの進歩があったと思うかもしれませんが、実際にはそうではありません。これまで100年前とほとんど同じ構造のものが使われてきました。しかしその歴史もここまでです。

Sitpackで私たちは画期的なロックシステムを開発しました。今まで折りたたみ式の製品でSitpackのデザインと同じレベルのコンパクトさを実現したものはありませんでした。Sitpackの新規性は、技術工程にあり、最終的には部品製作者の手にあります。Sitpackの部品は、その小さな内部形状をつくるためにすべての工程で高い精度が求められ、最高のプラスチック射出成型技術だけがつくりだせるものです。

SITPACKの技術工程


お問い合わせ

TOPに戻る